120社も参入する「電力自由化」 お得感があるのはどこだ

公開日: 更新日:

 大手電力会社10社が独占していた家庭向け「電気」が自由化される。これまでのように殿様商売は許されないから、東京電力は年間で1000円ほど安くなるプランを発表。中国電力も「カープ応援グッズ」などの特典を用意している。

 もっとも、異業種から参入の黒船「東京ガス」は、東電より年間で4000~5000円安いプランを用意。詳細は明らかになっていないが、「ソフトバンクでんき」など他社も5000円前後の値引きで追随する予定だ。

 すでに今月から事前予約が始まっており、実際のサービス開始は4月からとなる。まあ、今から慌てる必要はないが、どんな事業者があるかぐらいは知っておきたい。何しろ、120社ほどが販売登録しており、ライバル社との違いを猛アピール中で、目移りすること必至なのだ。

 料金で選ぶのなら、今のところ「イーレックス」がお得か。大手電力に比べて最大9~14%ほど料金が安くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  4. 4

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  5. 5

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  6. 6

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    長澤まさみ20周年に相次ぐ試練…共演者の死と元カレ逮捕

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る