企業続々導入で再注目 ビットコインの使い勝手とコスト

公開日:  更新日:

 2014年の「マウントゴックス」社の倒産で、怪しい、ウサンくさい、いかがわしいと、日本での信頼は地に落ちているビットコイン(仮想通貨=BTC)。

 しかし、便利なのは事実なので、急速に失地回復している。新電力の会社が電気料金の支払いにビットコインを導入することを決めたが、三菱東京UFJ銀行も来年秋に「MUFGコイン」サービスを開始予定。スマホの専用アプリにビットコインを貯め、飲食代や交通費代として使うことになる。上司と部下の会食後の割り勘などで、手持ちの現金がなくとも、互いの携帯電話をかざして「課長、2833円分のコインを送りますよ」と言ってピピッとやればOK。「Suica」などの電子マネーはコンビニなど店が相手だが、ビットコインは人と人でやりとりできるのが大きい。

 しかも、めちゃくちゃコストが安い。例えば、海外送金について「銀行の通貨送金では1件当たり数千円のコストを要しているが、仮想通貨なら数十円程度」(ニッセイ基礎研究所・小林雅史上席研究員)になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る