迫る「電力自由化」 どこの会社に切り替えればいいのか

公開日:  更新日:

 値上げの悲しいニュースばかりが相次ぐ中、電気料金に関しては朗報だ。

 ただし、自由化で料金が安くなると分かっているのに、新たな契約を結んだ家庭は2月半ば時点で1%(クロス・マーケティング調べ)。腰を重くしているのが、「どの会社を選べばいいか分からない」という理由だ。なにしろ、新電力会社だけで二十数社(東京電力管内)もあり、さらに困ったことに会社ごとにもさまざまな料金プランがある。

 そこで条件を絞って考えてみよう。皆が使う大手携帯電話3社の料金プランが比較しやすい。

「auでんき」「ソフトバンクでんき」「エネット」(NTTグループ)の主要プランの割引率はこうだ。

①auでんき=電気料金1カ月当たり5000円未満の家庭は、電話契約とセットで1%のキャッシュバック(電子マネーにチャージ)。5000~8000円なら3%、8000円以上は5%のキャッシュバックとなる。要するに1~5%の割引だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る