迫る「電力自由化」 どこの会社に切り替えればいいのか

公開日:  更新日:

 値上げの悲しいニュースばかりが相次ぐ中、電気料金に関しては朗報だ。

 ただし、自由化で料金が安くなると分かっているのに、新たな契約を結んだ家庭は2月半ば時点で1%(クロス・マーケティング調べ)。腰を重くしているのが、「どの会社を選べばいいか分からない」という理由だ。なにしろ、新電力会社だけで二十数社(東京電力管内)もあり、さらに困ったことに会社ごとにもさまざまな料金プランがある。

 そこで条件を絞って考えてみよう。皆が使う大手携帯電話3社の料金プランが比較しやすい。

「auでんき」「ソフトバンクでんき」「エネット」(NTTグループ)の主要プランの割引率はこうだ。

①auでんき=電気料金1カ月当たり5000円未満の家庭は、電話契約とセットで1%のキャッシュバック(電子マネーにチャージ)。5000~8000円なら3%、8000円以上は5%のキャッシュバックとなる。要するに1~5%の割引だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る