迫る「電力自由化」 どこの会社に切り替えればいいのか

公開日: 更新日:

 値上げの悲しいニュースばかりが相次ぐ中、電気料金に関しては朗報だ。

 ただし、自由化で料金が安くなると分かっているのに、新たな契約を結んだ家庭は2月半ば時点で1%(クロス・マーケティング調べ)。腰を重くしているのが、「どの会社を選べばいいか分からない」という理由だ。なにしろ、新電力会社だけで二十数社(東京電力管内)もあり、さらに困ったことに会社ごとにもさまざまな料金プランがある。

 そこで条件を絞って考えてみよう。皆が使う大手携帯電話3社の料金プランが比較しやすい。

「auでんき」「ソフトバンクでんき」「エネット」(NTTグループ)の主要プランの割引率はこうだ。

①auでんき=電気料金1カ月当たり5000円未満の家庭は、電話契約とセットで1%のキャッシュバック(電子マネーにチャージ)。5000~8000円なら3%、8000円以上は5%のキャッシュバックとなる。要するに1~5%の割引だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る