日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競馬、競輪、株…最も簡単に1000万円儲けられるのは何?

 ギャンブルに手を出す際に頭に入れるべきは、“期待値”である。期待値とは賭け金に対する払戻金の見込みのこと。短時間では運・不運があるが、長い期間で見れば確率は必ず収束していく。例えば、技量のまったく同じ者同士が「麻雀」をした場合、その期待値はプラスマイナス0。10年経っても財布の中身は1円も増えず、おやじギャグだけが増えることになる。

 身近な例では「パチンコ」がある。確率上のボーダーラインが1000円で18.0回転なら、それ以上回れば玉が増え、以下なら減っていく。簡単な計算だが、パチンコの場合、玉を借りた時点ですでに8%の消費税を納税していることを考慮しなくてはいけない。意外に気付いていない人も多いが、100円25個の貸し玉がジャラジャラと出てきた時点で、1個につき0.32円(内税方式)の税金を徴収されているのだ。消費税は2019年10月に10%へ移行するため、ますます割に合わなくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事