2年がかりで比較 エアコン電気代は“つけっぱなし”がお得

公開日: 更新日:

 エアコンは連続して使ったほうが電気代が安い――。この噂の真偽を確かめたのは「その節約はキケンです」(祥伝社)などの著書があるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏。2年がかりで、エアコンを多用する8月の電気代を比較した。

 2014年は外出時などにエアコンをオフにする普通の生活。15年は8月1~31日まで24時間ずっとつけっぱなし。結果はどうだったか。風呂内氏に報告してもらおう。

「普通の生活だった14年の電気代は1万2571円、つけっぱなしだった15年は1万3218円。647円多かっただけです。両年とも設定温度は28度でした。スイッチが入れっぱなしでも消費電力にはそれほどの差がなく、料金をやや多めに払って快適さを得られたことになります」

 実験の正当性を確かめようと、経産省や日本冷凍空調工業会などに問い合わせたが、どこもデータを持ち合わせていないとの回答。家電大手のシャープに問い合わせると、「エアコンは電源を入れ、モーターが回転して部屋を冷やすときに多くの電力を使います。室温を28度、風量を自動に設定してつけっぱなしにしたほうがモーターに負荷がかからず、省電力になるかもしれません。ただし壁に断熱材を使っているかどうかなどで結果に違いが出ます」(広報担当者)と説明した。隙間風が入る古い家だと、電気代がかさむかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る