• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夢ふくらみ後悔なし 宝くじ評論家が語る「賢い買い方」

 宝くじの当せん金で買ったくじがさらに大当たり――。こんな夢のようなことが米国で起こった。

 カリフォルニア州モデストで、ある男性がスクラッチ式のくじを買い、賞金1000ドル(約12万円)をゲット。「いい予感」がしたため、この賞金ですぐに別のくじを3枚買ったところ、なんと1000万ドル(12億円)が当たったのだ。

 宝くじ評論家の山口旦訓氏によると、宝くじの賞金で次のくじを買ってさらに多額の賞金を獲得した人は日本にも大勢いるという。

「大抵の人は“当たったお金は縁起がいい”という理由で、次の宝くじを買います。ただし、あくまでも縁起の話で、確率的に有利というわけではありません。宝くじはむしろ、楽しみながら買うのが賢い購入法。大切なのは買い方にこだわり、外れても納得がいくようにすることです。たとえば賞金10万円を得たらお金を5等分し、まず2万円で次のジャンボ宝くじを買う。外れたらさらに賞金から2万円出してその次の宝くじを買うというやり方。夢がふくらみ、すべてを失っても後悔しません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る