• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

めざせフォロワー2万人 マイクロインフルエンサーで稼ぐ

 サラリーマンにも浸透してきた「インスタグラム」。フェイスブックやツイッターをしのぐ“宣伝効果”があるとされる。女芸人の渡辺直美やタレントのローラのように、フォロワー数が多く影響力が強いユーザーは「インフルエンサー」と呼ばれるが、いま企業が注目するのは「マイクロインフルエンサー」。フォロワー数が数十万~数百万人のインフルエンサーに対し、マイクロインフルエンサーは10万人以下と少ない。ところが、デジタルマーケット事業を行う「LIDDELL」の調査によると、企業ニーズがあるのは、フォロワー数が1000~2万人クラスのユーザーなのだという。

 ソーシャルメディアプランナー兼インフルエンサーの神尾美沙さん(27)に聞いた。

「有名人の場合、フォロワー数は多いのですが、一般の人にとって遠い存在だから『いいね』も少ないのです。一般的にフォロワーが10万人いると、『いいね』率は5%以下といわれています。そこで商品を取り上げていても、見る側からすればCMのような感じで身近に感じられません。マイクロインフルエンサーは、元芸能人や読者モデルもいますが、一般人も多く、ユーザーが気軽に『いいね』と投稿できるのが特徴。商品を紹介する際の効果も、より見込めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る