めざせフォロワー2万人 マイクロインフルエンサーで稼ぐ

公開日:  更新日:

 サラリーマンにも浸透してきた「インスタグラム」。フェイスブックやツイッターをしのぐ“宣伝効果”があるとされる。女芸人の渡辺直美やタレントのローラのように、フォロワー数が多く影響力が強いユーザーは「インフルエンサー」と呼ばれるが、いま企業が注目するのは「マイクロインフルエンサー」。フォロワー数が数十万~数百万人のインフルエンサーに対し、マイクロインフルエンサーは10万人以下と少ない。ところが、デジタルマーケット事業を行う「LIDDELL」の調査によると、企業ニーズがあるのは、フォロワー数が1000~2万人クラスのユーザーなのだという。

 ソーシャルメディアプランナー兼インフルエンサーの神尾美沙さん(27)に聞いた。

「有名人の場合、フォロワー数は多いのですが、一般の人にとって遠い存在だから『いいね』も少ないのです。一般的にフォロワーが10万人いると、『いいね』率は5%以下といわれています。そこで商品を取り上げていても、見る側からすればCMのような感じで身近に感じられません。マイクロインフルエンサーは、元芸能人や読者モデルもいますが、一般人も多く、ユーザーが気軽に『いいね』と投稿できるのが特徴。商品を紹介する際の効果も、より見込めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る