ダマされるのはオバチャン 大阪でオレオレ詐欺急増のワケ

公開日: 更新日:

 意外だ。これまで最も振り込め詐欺に引っかかりにくいといわれた大阪で、被害が拡大している。

 大阪府警や警察庁によると、府内の特殊詐欺の認知件数は今年に入って1347件、被害金額は約44億8000万円(10月末時点)と、過去最悪だった昨年を既に上回っている。全国の今年1~6月の被害状況をみても、金額は大阪が全国ワースト1位だった。

 悪化要因のひとつが、オレオレ詐欺の急増だ。前年同期比で認知件数は約4.3倍、被害金額は約3・3倍に膨れ上がっている。

 大阪のオバチャンといえば、犯人が標準語を話すと「なんや、その気持ち悪い言い方は。関西弁でしゃべりや~」と突っ込み、質問攻めで本人かどうかを見抜いて撃退してきた。

「これまでは詐欺グループの中心は関東地方でした。それが関西で組織されるようになり、人口の多い大阪が狙われるようになってきたのです。関西出身の掛け子も出てきて『よそで子供をつくってもうた。ほんで裁判や、って言われてもうて。示談にカネがいるんや』などと、巧みな関西弁でダマす手口が目立つようになった。関西出身者の検挙が増えています」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る