O157で集団食中毒 冷凍食品の細菌はなぜ死滅しないのか?

公開日:

 静岡県の食肉加工業者が製造した冷凍メンチカツから、腸管出血性大腸菌O-157が相次いで検出された。問題の冷凍メンチは「総菜半製品」と呼ばれる製品で、生のまま加工、冷凍されている。焼く前のギョーザや衣だけが付いたトンカツなど、消費者が調理して総菜になる製品などがそれだ。メーカーが殺菌処理をして出荷するのは困難だという。

 しかも、総菜半製品は、調理済みの冷凍食品や生肉のような規格基準がない。管理や販売の方法も業者側に委ねられている。

 それにしても冷凍処理されているのだ。細菌は死滅しないのだろうか。食品問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏が言う。

「0-157を含む細菌は、家庭用冷蔵庫の冷凍庫の温度では死滅しません。1カ月も置いておけば、カビが発生するリスクまで高まります。保存するならせいぜい1~2週間。そして、必ず高温処理を施してから食す必要があります。これは総菜半製品はもちろん、熱処理されているコロッケなどの加工品も同じです。熱処理の方法はメーカーの工場によってバラバラです。半生状態のまま冷凍された商品をレンジでチンして解凍しても、菌は増殖したまま。食中毒を引き起こすケースは珍しくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る