O157で集団食中毒 冷凍食品の細菌はなぜ死滅しないのか?

公開日:

 静岡県の食肉加工業者が製造した冷凍メンチカツから、腸管出血性大腸菌O-157が相次いで検出された。問題の冷凍メンチは「総菜半製品」と呼ばれる製品で、生のまま加工、冷凍されている。焼く前のギョーザや衣だけが付いたトンカツなど、消費者が調理して総菜になる製品などがそれだ。メーカーが殺菌処理をして出荷するのは困難だという。

 しかも、総菜半製品は、調理済みの冷凍食品や生肉のような規格基準がない。管理や販売の方法も業者側に委ねられている。

 それにしても冷凍処理されているのだ。細菌は死滅しないのだろうか。食品問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏が言う。

「0-157を含む細菌は、家庭用冷蔵庫の冷凍庫の温度では死滅しません。1カ月も置いておけば、カビが発生するリスクまで高まります。保存するならせいぜい1~2週間。そして、必ず高温処理を施してから食す必要があります。これは総菜半製品はもちろん、熱処理されているコロッケなどの加工品も同じです。熱処理の方法はメーカーの工場によってバラバラです。半生状態のまま冷凍された商品をレンジでチンして解凍しても、菌は増殖したまま。食中毒を引き起こすケースは珍しくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る