• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

O157で集団食中毒 冷凍食品の細菌はなぜ死滅しないのか?

 静岡県の食肉加工業者が製造した冷凍メンチカツから、腸管出血性大腸菌O-157が相次いで検出された。問題の冷凍メンチは「総菜半製品」と呼ばれる製品で、生のまま加工、冷凍されている。焼く前のギョーザや衣だけが付いたトンカツなど、消費者が調理して総菜になる製品などがそれだ。メーカーが殺菌処理をして出荷するのは困難だという。

 しかも、総菜半製品は、調理済みの冷凍食品や生肉のような規格基準がない。管理や販売の方法も業者側に委ねられている。

 それにしても冷凍処理されているのだ。細菌は死滅しないのだろうか。食品問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏が言う。

「0-157を含む細菌は、家庭用冷蔵庫の冷凍庫の温度では死滅しません。1カ月も置いておけば、カビが発生するリスクまで高まります。保存するならせいぜい1~2週間。そして、必ず高温処理を施してから食す必要があります。これは総菜半製品はもちろん、熱処理されているコロッケなどの加工品も同じです。熱処理の方法はメーカーの工場によってバラバラです。半生状態のまま冷凍された商品をレンジでチンして解凍しても、菌は増殖したまま。食中毒を引き起こすケースは珍しくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る