浴室のタイルがヒント 花王クイックルワイパーの試行錯誤

公開日: 更新日:

 手軽に床掃除ができるアイテムといえば、花王の「クイックルワイパー」だ。1994年の発売以来、住居用ワイパーのパイオニアとして市場を牽引。近年は、掃除機と雑巾がけの仕上がりが一度で実現する「立体吸着ウエットシート」などが好調で、売り上げは前年超えを続けている。

 クイックルワイパーは柄のついた本体に使い捨てのシートを装着して使用。シンプルな構成だが、これこそが目指したもの。はじまりは87年。フローリングの普及をうけ開発に着手した。

「フローリングは畳に比べてごみが目立つが、いちいち掃除機をかけるのは面倒。そこで昔からの拭き掃除の習慣に着目し、立ったままで簡単にできる拭き掃除のスタイルを考えた」(ホームケア事業グループの坂口泰行氏)

 開発は苦労の連続だったが、そのときどきで思わぬものがヒントになった。まずはシート。カーペットについた髪の毛やごみはなかなか取れないことから逆転の発想で、カーペットで掃除すればごみがくっつくのではないかと考え、最適な素材として不織布を採用する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  5. 5

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  6. 6

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る