不二家「ミルキー」65周年 “看板娘”ペコちゃん誕生秘話

公開日: 更新日:

 ペコちゃんのパッケージでおなじみ、不二家のソフトキャンディー「ミルキー」が今年、発売65周年を迎えた。この秋は定番の白いミルキーが大リニューアル。早速好調な売れ行きだ。

 ミルクの自然なおいしさを味わえる白いミルキーは1951年、「ママの味」をコンセプトに誕生した。ベースは水あめ・練乳・砂糖。母親の愛情を表すようなやわらかい味を生み出すため、当時としては高価な素材を思い切って使ったという。

「やわらかな口当たりも特徴。ソフトキャンディーというよりも、“ミルキーの食感”として認知されている」(菓子事業本部マーケティング本部の川崎雄太郎氏)

 ときに歯にくっつくのが難点と言われたりもするが、それも個性と余裕の構えである。まずは不二家の店舗で販売すると大好評で、翌52年に小売店への卸売りを開始。またたく間に全国的なヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る