不二家「ミルキー」65周年 “看板娘”ペコちゃん誕生秘話

公開日: 更新日:

 ペコちゃんのパッケージでおなじみ、不二家のソフトキャンディー「ミルキー」が今年、発売65周年を迎えた。この秋は定番の白いミルキーが大リニューアル。早速好調な売れ行きだ。

 ミルクの自然なおいしさを味わえる白いミルキーは1951年、「ママの味」をコンセプトに誕生した。ベースは水あめ・練乳・砂糖。母親の愛情を表すようなやわらかい味を生み出すため、当時としては高価な素材を思い切って使ったという。

「やわらかな口当たりも特徴。ソフトキャンディーというよりも、“ミルキーの食感”として認知されている」(菓子事業本部マーケティング本部の川崎雄太郎氏)

 ときに歯にくっつくのが難点と言われたりもするが、それも個性と余裕の構えである。まずは不二家の店舗で販売すると大好評で、翌52年に小売店への卸売りを開始。またたく間に全国的なヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る