• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シニア人材市場で注目 「スポットコンサル」の仕事と稼ぎ

 継続雇用でもない、独立開業でもない、シニアの新しい働き方が注目されている。特定の客(企業)が必要とする経験や知識を持った人間が、客が必要な時だけ限定的に相談に乗ったり、実務を手伝う「スポットコンサルティング」だ。

 たとえば、アセアン地域に出店を狙う日本の飲食店A社が、現地向けの商品開発と販売ルートの手助けを必要としているとする。そのA社に、現地での経験豊富な人材を、週2日とか、月に4日などスポットで送り込むシステムのことだ。マネジメント全般、経理だけ定期的に見てもらいたい企業もある。

「新卒の社員を海外担当にして給料を払うより、格安の投資で効率的に労力を注げる」(あるベンチャー企業担当者)ため、海外進出を狙う飲食やアパレル業界から引き合いが増えているという。

 その橋渡し役を務める企業のひとつで、海外ビジネスのプロたち2400人が登録する「サイエスト㈱」の広報担当者・本谷亜紀氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る