シニア人材市場で注目 「スポットコンサル」の仕事と稼ぎ

公開日:  更新日:

 継続雇用でもない、独立開業でもない、シニアの新しい働き方が注目されている。特定の客(企業)が必要とする経験や知識を持った人間が、客が必要な時だけ限定的に相談に乗ったり、実務を手伝う「スポットコンサルティング」だ。

 たとえば、アセアン地域に出店を狙う日本の飲食店A社が、現地向けの商品開発と販売ルートの手助けを必要としているとする。そのA社に、現地での経験豊富な人材を、週2日とか、月に4日などスポットで送り込むシステムのことだ。マネジメント全般、経理だけ定期的に見てもらいたい企業もある。

「新卒の社員を海外担当にして給料を払うより、格安の投資で効率的に労力を注げる」(あるベンチャー企業担当者)ため、海外進出を狙う飲食やアパレル業界から引き合いが増えているという。

 その橋渡し役を務める企業のひとつで、海外ビジネスのプロたち2400人が登録する「サイエスト㈱」の広報担当者・本谷亜紀氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る