• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シニア人材市場で注目 「スポットコンサル」の仕事と稼ぎ

 継続雇用でもない、独立開業でもない、シニアの新しい働き方が注目されている。特定の客(企業)が必要とする経験や知識を持った人間が、客が必要な時だけ限定的に相談に乗ったり、実務を手伝う「スポットコンサルティング」だ。

 たとえば、アセアン地域に出店を狙う日本の飲食店A社が、現地向けの商品開発と販売ルートの手助けを必要としているとする。そのA社に、現地での経験豊富な人材を、週2日とか、月に4日などスポットで送り込むシステムのことだ。マネジメント全般、経理だけ定期的に見てもらいたい企業もある。

「新卒の社員を海外担当にして給料を払うより、格安の投資で効率的に労力を注げる」(あるベンチャー企業担当者)ため、海外進出を狙う飲食やアパレル業界から引き合いが増えているという。

 その橋渡し役を務める企業のひとつで、海外ビジネスのプロたち2400人が登録する「サイエスト㈱」の広報担当者・本谷亜紀氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る