導入企業では評判上々 “立ち仕事”なら仕事進み会話も弾む

公開日: 更新日:

 健康によく、集中力もアップするからと、立って仕事をする人が増えている。疲れ気味の人にはけったいな傾向だが、日本だけでなく、世界的な流れ。科学的な根拠があることから広まったという。

 オーストラリアの研究グループが、45歳以上の男女22万人を約3年、追跡調査した結果、座っている時間が1日4時間未満のグループに比べ、11時間以上のグループは、死亡リスクが1.4倍高いことが明らかになった。座ったままだと、代謝や血行が悪くなり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などのリスクが高まり、死亡リスクがアップする。

 北大の調査では、がんの発症リスクが高まるという結果もある。長時間のデスクワークは、あらゆる病気によくないということだろう。

 日本人は、特に座っている時間が長い。米予防医学ジャーナルに発表された論文によると、20カ国中、最長の7時間で、世界平均の1日5時間を2時間も上回る。そんな現状を受けて、“立ち仕事”を導入する企業が増えているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る