減少でも予断許さず 生活保護受給“予備軍”を負担増が襲う

公開日: 更新日:

 厚労省によると、生活保護受給者(今年9月)は全国で214万5114人。前月に比べ1029人、前年同月比で1万8470人の減少となった。毎月、過去最多を更新していたひと頃に比べれば落ち着いてはきているものの、17年は予断を許さない。

 消費税10%引き上げ延期(19年10月)と引き換えに、さまざまな国民負担が国会で検討されているのだ(別表)。例えば、65歳以上の入院患者について居住費(光熱水費)負担額を1日320円から370円に引き上げるほか、これまで無料だった65歳未満の患者にも負担させる方針。無料だった介護者のケアプラン作成費用も自己負担が検討されている。

 NPO法人「ほっとプラス」代表の藤田孝典氏も「このわずか数千円の負担増が、これまでギリギリで生活していた人を生活保護受給者に転落させる」と懸念している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る