ナチュロー「グリーンスムージー」がこだわった手作り感

公開日:

 ローソンが販売する、ナチュラルローソンブランドのチルド飲料「グリーンスムージー」は2015年の発売以来、健康志向の女性を中心に支持を集めてヒット中。基本の200グラムに加え、現在は徳用サイズも揃えた展開で、累計販売数は約5800万本に及ぶ(16年12月末時点。以下同)。

 スムージーは米国生まれの飲み物。野菜や果実を手軽に摂取できるとあって日本でも14年に人気が広まった。そこに目をつけたのが、当時、育児休暇から復帰したばかりの開発担当者(商品本部ドライ商品部・チーフマーチャンダイザーの平原さやか氏)。

「育休中にテレビや雑誌でスムージーが取り上げられているのを見て、コンビニでもニーズがあるのではないかと思ったのがきっかけ。自分自身、出産を経て健康を意識。野菜は取りたいが自宅でスムージーを作るのは手間がかかる。そこで手軽に買えるコンビニスムージーという考えに至った」(平原氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る