腹筋運動器具「ワンダーコア」は4年前のリコールが転機

公開日: 更新日:

「倒れるだけで腹筋ワンダーコア♪」のテレビCMでおなじみ、ショップジャパンが販売する腹筋運動器具「ワンダーコア」シリーズが好調を続けている。2013年発売からの累計販売台数は390万台を超え、今年度中には400万台到達も確実な勢いだ。

 ショップジャパンを運営するオークローンマーケティングは海外発の「ワンダーコア」を日本向けにアレンジして導入。13年5月にテレビ通販(インフォマーシャル)で発売を開始する。海外では「いろいろな運動がこの一台でできる」という売り方だったが、同社はよりシンプルに腹筋運動にポイントを絞って訴求。まずは順調に売り上げを伸ばすも、同年7月に一部の商品に不具合が見つかりリコール。これが転機となった。製品の改善を最優先に販売を一時休止とする中で、戦略の見直しにも着手する。

「当初は海外のインフォマーシャル映像をベースにしていたが、ショップジャパンの強みはユーザーの声がダイレクトに聞けること。ワンダーコアは『倒れるだけで腹筋運動ができる』点がいちばん評価されていたことから、メッセージの表現を強めてインフォマーシャルを作り直した」(フィットネス&ウエルネスディビジョン部長の千須和義久氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る