生まれ変わったキリンファイア 改良店は“焦がし焼き豆”

公開日: 更新日:

 発売3週間で販売数量1億本突破。今年10月にフルリニューアルした、キリンビバレッジの缶コーヒーブランド「キリン ファイア」に注目だ。

「改良のポイントは、コーヒー豆の“焼き”。深いりよりもさらに深く、焼け落ちる寸前まで焙煎した『焦がし焼き豆』をブレンドすることで、従来の缶コーヒーにはない力強い香りとコクを引き出している」(マーケティング部商品担当の西田明男氏=写真)

 11月には新たなボトル缶を追加投入。全8商品となって絶好調である。ファイアブランドの誕生は1999年。名前の通り、火(直火焙煎)にこだわって開発された。

「当時は、缶コーヒーというと『どれも似たような味だよね』といわれがちだった。そんな閉塞感を打破すべく、ファイアは本格派コーヒーを追求した」(西田氏)

 結果は、狙い通りの大ヒット。スティービー・ワンダーの楽曲を使用したテレビCMも支持され、市場シェアは急速に拡大していった。以降、毎年のように新商品を投入。06年にはいまも主力の「挽きたて微糖」が登場し、09年には10周年を迎えての全面刷新を行うなど順調に成長を続けたが、振り返ればそこがピークで、10年代に入ると売り上げは伸び悩む。そもそも近年は缶コーヒー市場自体が横ばい。コーヒーの消費量は大きく伸長しているのにもかかわらずだ。そこで今回のリニューアルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  2. 2

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  6. 6

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  7. 7

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る