生まれ変わったキリンファイア 改良店は“焦がし焼き豆”

公開日:

 発売3週間で販売数量1億本突破。今年10月にフルリニューアルした、キリンビバレッジの缶コーヒーブランド「キリン ファイア」に注目だ。

「改良のポイントは、コーヒー豆の“焼き”。深いりよりもさらに深く、焼け落ちる寸前まで焙煎した『焦がし焼き豆』をブレンドすることで、従来の缶コーヒーにはない力強い香りとコクを引き出している」(マーケティング部商品担当の西田明男氏=写真)

 11月には新たなボトル缶を追加投入。全8商品となって絶好調である。ファイアブランドの誕生は1999年。名前の通り、火(直火焙煎)にこだわって開発された。

「当時は、缶コーヒーというと『どれも似たような味だよね』といわれがちだった。そんな閉塞感を打破すべく、ファイアは本格派コーヒーを追求した」(西田氏)

 結果は、狙い通りの大ヒット。スティービー・ワンダーの楽曲を使用したテレビCMも支持され、市場シェアは急速に拡大していった。以降、毎年のように新商品を投入。06年にはいまも主力の「挽きたて微糖」が登場し、09年には10周年を迎えての全面刷新を行うなど順調に成長を続けたが、振り返ればそこがピークで、10年代に入ると売り上げは伸び悩む。そもそも近年は缶コーヒー市場自体が横ばい。コーヒーの消費量は大きく伸長しているのにもかかわらずだ。そこで今回のリニューアルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る