• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生まれ変わったキリンファイア 改良店は“焦がし焼き豆”

 発売3週間で販売数量1億本突破。今年10月にフルリニューアルした、キリンビバレッジの缶コーヒーブランド「キリン ファイア」に注目だ。

「改良のポイントは、コーヒー豆の“焼き”。深いりよりもさらに深く、焼け落ちる寸前まで焙煎した『焦がし焼き豆』をブレンドすることで、従来の缶コーヒーにはない力強い香りとコクを引き出している」(マーケティング部商品担当の西田明男氏=写真)

 11月には新たなボトル缶を追加投入。全8商品となって絶好調である。ファイアブランドの誕生は1999年。名前の通り、火(直火焙煎)にこだわって開発された。

「当時は、缶コーヒーというと『どれも似たような味だよね』といわれがちだった。そんな閉塞感を打破すべく、ファイアは本格派コーヒーを追求した」(西田氏)

 結果は、狙い通りの大ヒット。スティービー・ワンダーの楽曲を使用したテレビCMも支持され、市場シェアは急速に拡大していった。以降、毎年のように新商品を投入。06年にはいまも主力の「挽きたて微糖」が登場し、09年には10周年を迎えての全面刷新を行うなど順調に成長を続けたが、振り返ればそこがピークで、10年代に入ると売り上げは伸び悩む。そもそも近年は缶コーヒー市場自体が横ばい。コーヒーの消費量は大きく伸長しているのにもかかわらずだ。そこで今回のリニューアルである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る