グリコ「GABA」がオフィスチョコの立役者になるまで

公開日:

 ビジネスパーソンをターゲットに展開す江崎グリコの「メンタルバランスチョコレートGるABA(ギャバ)」が好調だ。2005年の発売以来、チョコレートでほっとしようというアプローチで支持を拡大。とくに近年売り上げを大きく伸ばしており、今年9月には機能性表示食品化でリニューアル。訴求力が高まって勢いづいている。

 ストレス社会に向けての商品開発。きっかけはGABA(γ-アミノ酪酸)との出合いだった。

「GABAはストレス低減に効果があるといわれる成分。チョコレートの原料カカオにも含まれることから着目した。疲れたときに甘いものを食べるとほっとするといわれるが、その代表格がチョコレート。働く人のリフレッシュに役立つ商品ができると考えた」(グループ広報部の中原修氏)

 専門家との共同研究を基にGABAを強化配合。「ストレス社会で闘うあなたに。」をキャッチコピーにしたチョコレートは、ビジネスシーンを想定して食べやすさにも配慮。手にべたつかないひと口サイズで、容器は机に置きやすいアルミ缶と携帯に便利なパウチを採用した。05年に発売。するとたちまち大ヒット。職場にお菓子を持ち込むことには異論もあった時代だけに、画期的な商品は市場にセンセーションを巻き起こした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る