日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

取り調べの言葉も…供述分析からえん罪の可能性割り出す

立命館大学政策科学部の稲葉光行教授(C)日刊ゲンダイ

立命館大学政策科学部 稲葉光行教授(えん罪救済センター代表)

 転機は09年。知人の心理学者からの依頼だった。

「03年に起きた志布志事件の供述調書について、コンピューターを使って一緒に分析しないかと誘われました」

 これは、鹿児島県議会議員選挙の曽於郡選挙区で当選した議員の陣営が…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事