日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スガシカオが火付け役 調味料や薬味“かけすぎ”なぜハマる

 牛丼に紅ショウガ、パスタに粉チーズはつきものだが、肉が見えないくらいの紅ショウガや、ミートソースが真っ白になるほどの粉チーズはいかがなものか。今、そんな“かけすぎ”を「うまい」とする人が増えているという。

 火付け役は歌手のスガシカオ。2009年ごろからSNSで「かけすぎ部」を結成。会員同士でかけすぎっぷりを投稿し合うほか、年に1回「かけすぎジャンボリー」という総会を開いている。かけすぎに対する思いは半端じゃない。スガはブログにこう書いている。

〈ラーメンや牛丼・パスタ・うどん・粉もの、飲食店や自宅で、とにかく自分の好きなものを周りの目を気にせずかけすぎる!! かけまくる!!! 無料ならとことん、有料でも自腹でかけすぎる!!〉〈おれはパスタ専門店に入って、パスタをおいしくいただこうなどとは思っていない。粉チーズが食べたいから、パスタ専門店に入るのだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事