• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スガシカオが火付け役 調味料や薬味“かけすぎ”なぜハマる

 牛丼に紅ショウガ、パスタに粉チーズはつきものだが、肉が見えないくらいの紅ショウガや、ミートソースが真っ白になるほどの粉チーズはいかがなものか。今、そんな“かけすぎ”を「うまい」とする人が増えているという。

 火付け役は歌手のスガシカオ。2009年ごろからSNSで「かけすぎ部」を結成。会員同士でかけすぎっぷりを投稿し合うほか、年に1回「かけすぎジャンボリー」という総会を開いている。かけすぎに対する思いは半端じゃない。スガはブログにこう書いている。

〈ラーメンや牛丼・パスタ・うどん・粉もの、飲食店や自宅で、とにかく自分の好きなものを周りの目を気にせずかけすぎる!! かけまくる!!! 無料ならとことん、有料でも自腹でかけすぎる!!〉〈おれはパスタ専門店に入って、パスタをおいしくいただこうなどとは思っていない。粉チーズが食べたいから、パスタ専門店に入るのだ〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る