日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤沢で初めての人身事故 ドローン空飛ぶ凶器になる日

「ついに」と言うべきか――。小型無人機ドローンが初めての“人身事故”を起こした。

 事故が起きたのは2月18日午前10時すぎ。神奈川県藤沢市の建築現場で工事関係者が現場を空撮するためドローンを操縦していたところ、制御不能に陥った。

 ドローンは現場にあったクレーンにぶつかり、高さ70メートルから落下。30代の作業員を直撃した。作業員はヘルメットを着用していたものの、顔を数針縫うケガを負った。2015年12月以降、ドローンについては約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めて。

 原因は電波障害だ。

「コントローラーが発した通信が途切れ、コントロールが利かなくなったようです。ドローンには機体が元の位置に戻る自動帰還という機能があり、戻っている途中でクレーンに衝突しました」(国交省航空局運航安全課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事