藤沢で初めての人身事故 ドローン空飛ぶ凶器になる日

公開日: 更新日:

「ついに」と言うべきか――。小型無人機ドローンが初めての“人身事故”を起こした。

 事故が起きたのは2月18日午前10時すぎ。神奈川県藤沢市の建築現場で工事関係者が現場を空撮するためドローンを操縦していたところ、制御不能に陥った。

 ドローンは現場にあったクレーンにぶつかり、高さ70メートルから落下。30代の作業員を直撃した。作業員はヘルメットを着用していたものの、顔を数針縫うケガを負った。2015年12月以降、ドローンについては約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めて。

 原因は電波障害だ。

「コントローラーが発した通信が途切れ、コントロールが利かなくなったようです。ドローンには機体が元の位置に戻る自動帰還という機能があり、戻っている途中でクレーンに衝突しました」(国交省航空局運航安全課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る