藤沢で初めての人身事故 ドローン空飛ぶ凶器になる日

公開日:

「ついに」と言うべきか――。小型無人機ドローンが初めての“人身事故”を起こした。

 事故が起きたのは2月18日午前10時すぎ。神奈川県藤沢市の建築現場で工事関係者が現場を空撮するためドローンを操縦していたところ、制御不能に陥った。

 ドローンは現場にあったクレーンにぶつかり、高さ70メートルから落下。30代の作業員を直撃した。作業員はヘルメットを着用していたものの、顔を数針縫うケガを負った。2015年12月以降、ドローンについては約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めて。

 原因は電波障害だ。

「コントローラーが発した通信が途切れ、コントロールが利かなくなったようです。ドローンには機体が元の位置に戻る自動帰還という機能があり、戻っている途中でクレーンに衝突しました」(国交省航空局運航安全課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る