日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

近大ナマズの原点 「におわんブリ」はステーキがおいしい

「におわんブリ」を開発した有路昌彦教授(C)日刊ゲンダイ

近畿大学世界経済研究所 有路昌彦教授(株式会社社食縁・代表取締役社長)

 マグロの養殖で知られる近大で、新たに注目されるのが「におわんブリ」だ。開発者の有路教授は、絶滅危機に瀕するウナギの代替品として、ウナギ味のナマズの蒲焼きを商品化した、養殖業の専門家である。

「ナマズはブリの研究の途中で派生しただけ。私の本来のテーマ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事