日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大量生産で“酸素不足”を解決 サツマイモは日本の救世主

鈴木高広教授(C)日刊ゲンダイ

近畿大学生物理学部生物工学科 鈴木高広教授

 JR紀伊駅(和歌山県)からバスに揺られて20分、緑豊かなキャンパスにすくすく育つサツマイモ畑……。鈴木高広教授は、サツマイモを大量生産することで、日本人の“酸素不足”を解決する研究をしている。

「このまま化石燃料を消費し続けると、大気中の二酸化炭素…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事