• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8割の難聴者が聞こえ改善 「ミライスピーカー」開発秘話

 まず、図をご覧いただきたい。カーブさせた軟らかいプラスチック板を音源に当てることで、音が遠くまで届くという。小さなオルゴールの音が100メートル離れた場所でも明瞭に聴こえるらしい。

 この仕組みを応用して開発したのが、株式会社サウンドファンの「ミライスピーカー」だ。社員の平均年齢は56歳。東京・浅草橋で3年ほど前に産声を上げたばかりのシニアベンチャーだ。

 このスピーカーがすごい点は主に2つ。まずは難聴者でも聴こえること。試した500人以上の難聴者の8割が、難聴の原因にかかわらず“聴こえ”が改善した。もうひとつは、健聴者も大きな音を出さなくてもクリアに聴こえること。実際、ミライスピーカーは羽田空港をはじめ、金融機関、介護施設などさまざまなシーンで活用されている。「お客さまが呼び出しにすぐ気づいてくれる」といった声が多いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る