8割の難聴者が聞こえ改善 「ミライスピーカー」開発秘話

公開日: 更新日:

 まず、図をご覧いただきたい。カーブさせた軟らかいプラスチック板を音源に当てることで、音が遠くまで届くという。小さなオルゴールの音が100メートル離れた場所でも明瞭に聴こえるらしい。

 この仕組みを応用して開発したのが、株式会社サウンドファンの「ミライスピーカー」だ。社員の平均年齢は56歳。東京・浅草橋で3年ほど前に産声を上げたばかりのシニアベンチャーだ。

 このスピーカーがすごい点は主に2つ。まずは難聴者でも聴こえること。試した500人以上の難聴者の8割が、難聴の原因にかかわらず“聴こえ”が改善した。もうひとつは、健聴者も大きな音を出さなくてもクリアに聴こえること。実際、ミライスピーカーは羽田空港をはじめ、金融機関、介護施設などさまざまなシーンで活用されている。「お客さまが呼び出しにすぐ気づいてくれる」といった声が多いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  9. 9

    「偽装不倫」話題にならず…杏が迫られる“イメチェン演技”

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る