8割の難聴者が聞こえ改善 「ミライスピーカー」開発秘話

公開日:

 まず、図をご覧いただきたい。カーブさせた軟らかいプラスチック板を音源に当てることで、音が遠くまで届くという。小さなオルゴールの音が100メートル離れた場所でも明瞭に聴こえるらしい。

 この仕組みを応用して開発したのが、株式会社サウンドファンの「ミライスピーカー」だ。社員の平均年齢は56歳。東京・浅草橋で3年ほど前に産声を上げたばかりのシニアベンチャーだ。

 このスピーカーがすごい点は主に2つ。まずは難聴者でも聴こえること。試した500人以上の難聴者の8割が、難聴の原因にかかわらず“聴こえ”が改善した。もうひとつは、健聴者も大きな音を出さなくてもクリアに聴こえること。実際、ミライスピーカーは羽田空港をはじめ、金融機関、介護施設などさまざまなシーンで活用されている。「お客さまが呼び出しにすぐ気づいてくれる」といった声が多いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る