• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今や風俗産業にも…誰もが安心「バリアフリー」最新情報

 飲食店や娯楽施設、旅館、駅、公民館、役所などバリアフリー化が進んでいる。しかし、名ばかりで大したサポートがないケースも少なくないという。

「“バリアフリー旅館”とHPにあったから予約したのに、廊下に手すりが付いているだけ。段差はあちこちにあり、部屋の間口が狭くて車椅子で入れませんでした。どこが、バリアフリーなのか」

 東京都在住の会社員Iさん(44歳)は怒る。要介護4の父を連れて出かけた温泉旅館での出来事だというが、こうしたケースは少なくない。

「バリアフリー温泉で家族旅行」(昭文社)の著者で温泉ライターの山崎まゆみ氏が言う。

「観光業のバリアフリー化は、温泉地や宿主によって問題意識に差があります。ただ、マヒひとつとっても、右マヒか左マヒかで、利用者の不便さが異なる。設備のどこをどう直せばいいとは一概にいえないという部分もあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る