活況おやつ市場からは見えず…空前「猫ブーム」の裏側

公開日: 更新日:

 江戸時代はおイヌさま、平成の世はおネコさまか。ネコ用のおやつ市場が活況と報じられた。市場調査会社インテージの調べによると、2014年に107億円だった市場規模が、16年には169億円まで拡大。日清ペットフード、いなば食品、ネスレ日本などの食品メーカーもビジネスチャンスとみて、開発に力を入れているという。

「軟らかいキャットフードだけでは歯がもろくなるなど健康の問題もあって、それとは別に硬めのおやつを与えるという愛猫家も増えつつあるようです」(インテージ広報担当者)

 企業がネコブームに乗っかりたい気持ちは分かる。

 16年「全国犬猫飼育実態調査」(ペットフード協会)によると、全国のネコ飼育数は約985万頭で横ばい、約554万世帯が飼っている。

 一方、「東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要」(都福祉保健局=11年度)によると、ネコにかけるエサ代、医療費、その他の費用は、いずれも「年1万~3万円未満」という回答が最多だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る