活況おやつ市場からは見えず…空前「猫ブーム」の裏側

公開日:

 江戸時代はおイヌさま、平成の世はおネコさまか。ネコ用のおやつ市場が活況と報じられた。市場調査会社インテージの調べによると、2014年に107億円だった市場規模が、16年には169億円まで拡大。日清ペットフード、いなば食品、ネスレ日本などの食品メーカーもビジネスチャンスとみて、開発に力を入れているという。

「軟らかいキャットフードだけでは歯がもろくなるなど健康の問題もあって、それとは別に硬めのおやつを与えるという愛猫家も増えつつあるようです」(インテージ広報担当者)

 企業がネコブームに乗っかりたい気持ちは分かる。

 16年「全国犬猫飼育実態調査」(ペットフード協会)によると、全国のネコ飼育数は約985万頭で横ばい、約554万世帯が飼っている。

 一方、「東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要」(都福祉保健局=11年度)によると、ネコにかけるエサ代、医療費、その他の費用は、いずれも「年1万~3万円未満」という回答が最多だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る