300mの縦穴に落下も 洞窟探検家・吉田勝次さんが語る情熱

公開日:

 これまで入った洞窟は国内1000カ所以上。人生のすべてを洞窟に捧げる男、それが洞窟探検家の吉田勝次さん(50)だ。

 21歳で建設現場に入り正月も休まず働き、26歳で工事会社を設立。一方で登山やスキューバダイビングを熱心にやったが、「これじゃない」と感じていた。何となくモヤモヤしていた28歳の時に出合ったのが洞窟だった。

「やっと出合えた。これだ!と思いました。この幸せ感でメシが食えると思うくらい」

 すぐ人跡未踏の洞窟の探検を切望するようになった。しかし、なかなか見つからない。それらしき入り口を見つけて潜り込んでも、5メートル、10メートルで行き止まり。そんなことは珍しくなかった。

 何百カ所と探し歩いてようやく人跡未踏の洞窟にたどり着いたのが2001年。三重県度会郡大紀町の「霧穴」だ。これをきっかけに、“洞窟愛”がより炸裂した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る