千鳥・大悟が案内人 離島に移住するなら“下見旅”のススメ

公開日:

岡山県・北木島(大小31からなる笠岡諸島最大の島。大悟いわく「ガチの島」)

「都会の喧騒を離れ、ゆったりとした時間の中で第二の人生を送りたい」と離島へ移住するシニア層が増えている。でも知識や経験なしで移住するのは勇気がいる。そんな人にオススメなのが旅気分で移住先を探す「下見旅」。離島出身である“島のスペシャリスト”のお笑い芸人「千鳥」大悟に、地元の岡山県・北木島の魅力と島暮らしの極意を聞く。

■魅力1「島時間」と「平和」

 時間がゆっくり過ぎる「島時間」が何よりの魅力。のんびりするにはもってこいの場所だ。

「家で昼間に飯食って、たばこ吸ってボーッとして缶ビール飲んで、時計見たらまだ1時間しか経ってない……みたいな。これ、夜来るんかと」

 お年寄りが多く暮らす島ということもあり、治安もバツグンに良い。

「この前、地元に帰ったとき1つだけある駐在所で『最近、事件ありました?』と聞いたら1件あったと。耳の遠いおばあちゃんが駐在所に来て、『押し車して歩いとったら後ろから車が来るんやけど、耳が遠いから分からんのよ。車の人も気をつこうてクラクション鳴らさんと待っといてくれるけど、鳴らしてくれてええで、と伝えといて』というクレーム。優しさと優しさの交通事故ですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る