舌と嗅覚を刺激する 高級熟成肉“目隠しグリル”の楽しみ方

公開日:

「どうして高級熟成肉でそんな食べ方を?」と興味津々、訪れたのは、先月20日にオープンしたばかりの東京・銀座の商業施設「GINZA SIX」。その13階にある「旬熟成 GINZA GRILL」だ。入り口のガラスケースに入った塊肉にうっとり。

 8000~1万8000円の6種類のコースのうち、目隠し体験型としては最安の「イタリアングリルコース リスニングイーツ」を選んだ。それでも1万2000円!

 前菜に熟成牛のハンバーガー、ホタルイカのソテーなどをいただいてから、いよいよメーンの「発酵熟成肉の炭火焼き(120グラム)」の準備だ。有田焼の皿や九谷焼のグラスは、ウン万円するというから手が震える。

 サーブ前に牛柄の手ぬぐいで目隠しすると、マネジャーがヘッドホンを装着。パチパチパチ……。ん? 音楽かと思ったら、肉を炭火焼きする音だった。麻布十番本店の調理音を録音したそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る