「キューちゃん」55周年 ユニーク商品名は主婦がアシスト

公開日: 更新日:

 ご飯のおかずや酒のつまみとして、食卓のお供の定番だろう。スキージャンプの高梨沙羅選手が登場するCMでおなじみの「きゅうりのキューちゃん」が、今年で55周年を迎えている。

 1962年に誕生した当時、漬物といえば、たくあんやぬか漬けが一般的だった。そんな時代に、しょうゆ漬けにしたキュウリを家庭用個包装パッケージで売り出したのが、愛知県の「東海漬物」だ。

 同社担当者によると、当時は擬人化された商品名も珍しかったが、ユニークな商品名が生まれた裏に、主婦の知恵があったという。

「商品名は、一般の主婦も参加するブレーンストーミングにより決定しました。そして、業界初となったテレビCMの初代キャラクターには、商品名との相性のよさから、故・坂本九氏を選出。親しみやすいイメージをつくり上げることができたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る