「キューちゃん」55周年 ユニーク商品名は主婦がアシスト

公開日:  更新日:

 ご飯のおかずや酒のつまみとして、食卓のお供の定番だろう。スキージャンプの高梨沙羅選手が登場するCMでおなじみの「きゅうりのキューちゃん」が、今年で55周年を迎えている。

 1962年に誕生した当時、漬物といえば、たくあんやぬか漬けが一般的だった。そんな時代に、しょうゆ漬けにしたキュウリを家庭用個包装パッケージで売り出したのが、愛知県の「東海漬物」だ。

 同社担当者によると、当時は擬人化された商品名も珍しかったが、ユニークな商品名が生まれた裏に、主婦の知恵があったという。

「商品名は、一般の主婦も参加するブレーンストーミングにより決定しました。そして、業界初となったテレビCMの初代キャラクターには、商品名との相性のよさから、故・坂本九氏を選出。親しみやすいイメージをつくり上げることができたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る