• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「キューちゃん」55周年 ユニーク商品名は主婦がアシスト

 ご飯のおかずや酒のつまみとして、食卓のお供の定番だろう。スキージャンプの高梨沙羅選手が登場するCMでおなじみの「きゅうりのキューちゃん」が、今年で55周年を迎えている。

 1962年に誕生した当時、漬物といえば、たくあんやぬか漬けが一般的だった。そんな時代に、しょうゆ漬けにしたキュウリを家庭用個包装パッケージで売り出したのが、愛知県の「東海漬物」だ。

 同社担当者によると、当時は擬人化された商品名も珍しかったが、ユニークな商品名が生まれた裏に、主婦の知恵があったという。

「商品名は、一般の主婦も参加するブレーンストーミングにより決定しました。そして、業界初となったテレビCMの初代キャラクターには、商品名との相性のよさから、故・坂本九氏を選出。親しみやすいイメージをつくり上げることができたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事