「キューちゃん」55周年 ユニーク商品名は主婦がアシスト

公開日:  更新日:

 ご飯のおかずや酒のつまみとして、食卓のお供の定番だろう。スキージャンプの高梨沙羅選手が登場するCMでおなじみの「きゅうりのキューちゃん」が、今年で55周年を迎えている。

 1962年に誕生した当時、漬物といえば、たくあんやぬか漬けが一般的だった。そんな時代に、しょうゆ漬けにしたキュウリを家庭用個包装パッケージで売り出したのが、愛知県の「東海漬物」だ。

 同社担当者によると、当時は擬人化された商品名も珍しかったが、ユニークな商品名が生まれた裏に、主婦の知恵があったという。

「商品名は、一般の主婦も参加するブレーンストーミングにより決定しました。そして、業界初となったテレビCMの初代キャラクターには、商品名との相性のよさから、故・坂本九氏を選出。親しみやすいイメージをつくり上げることができたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る