• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米下院通過で衝撃が 「トランプケア」は一体どうなる?

 トランプ大統領の新たな健康保険法「トランプケア」が下院を通過し、大きな衝撃を与えています。6月に上院で可決されれば、選挙戦の時からの最大の公約だった「オバマケア」の撤廃と、新たな健康保険法の制定が実現することになります。

 今回、下院で可決された法案は、以前このコラムでも紹介したことがある初代トランプケアではなく、2度目の法案です。つい最近提案され、過熱する北朝鮮問題の陰に隠れてその内容は一般にほとんど知られることなく、強引に下院を通過してしまいました。

 しかし結局のところ、「多くのアメリカ人が保険を失う」という図式はあまり変わっていません。オバマケアでは、低所得などで保険に未加入だった4900万人のうち2600万人が加入したと推定されていますが、トランプケアでは向こう10年間で2400万人が保険を失うと予測されています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る