• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国で論争に 妊娠中絶制限なら男性のオナニーにも罰金を

 トランプ政権になったアメリカでは、妊娠中絶を制限する法律が各州で提案されているだけでなく、中絶の合法性そのものを覆そうとする政治的な論争が激しくなっています。

 それに対し、女性たちの反感は強まる一方です。妊娠中絶が女性の人生や命に対する価値観の問題ではなく、むしろ政治の道具に使われている実態が問題視されているのです。

 そんな中、ケンタッキー州とテキサス州では、女性州議会議員が「女性の権利を制限するなら、男性の権利も見直すべき」との法案を次々に提出し、話題になりました。

 ケンタッキー州では先日、「妊娠中絶を受けるためには、医師からの指導を受けた後、最低24時間待たなければならない」という法案が可決されたばかり。それを受け、ある女性議員は「バイアグラを処方してもらうためには、奥さんの許可をもらう必要がある」という法案を提出し、審議にかけられています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る