• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消費減の歯止めになるか パンに合う洋風味噌汁ブレーク中

 味噌汁は、ごはんと一緒に。そんな常識を打ち破る、新たな味噌汁が注目されているのをご存じか。

 その一つ、「パンと合うみそスープ」は今年3月からコンビニに並ぶ。味噌メーカーのマルコメが新入社員で新商品を企画する「ルーキーズプロジェクト」を通じて、ハンバーガーチェーンの「フレッシュネス」とコラボして生まれた商品だ。同社カスタマーサービス課の永井苑子氏が言う。

「プロジェクトは、『新しい味噌汁とは何か?』をテーマにスタート。その中で、『パンと合う味噌汁があってもいいのではないか』と話し合いが続き、商品化されたのです。最近は、朝食にパンを召し上がる方が多い。そんな状況から、味噌汁を召し上がる人数や味噌の消費量は年々減少傾向です。そんな背景も、今回の企画を後押ししました。意外な組み合わせで、海外に味噌の素晴らしさをアピールする狙いもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事