大阪では男性火だるま 毎年死者が出る「着衣着火」の恐怖

公開日:

 大阪府堺市の“火だるま騒動”には驚いた。

「熱い! 痛い! 助けて!」――19日夕方、火だるまになって電器店に駆け込んだ46歳とみられる男性は、重い全身やけどで入院中だ。

「男性の上着に火がついて燃え広がったという情報もありますが、ただライターで火をつけた程度では、あそこまで火だるまにはならない。男性にはガソリンなどがかかっていた可能性が高いとみられています」(捜査事情通)

 大阪府警は事件と事故の両面で調べを進めているというが、いずれにせよ他人事じゃない。自分が着ている服に火がついて大やけど。そんな「着衣着火」による死者は、毎年必ず出ている。

 東京消防庁によると、管内の着衣着火の件数は2012年に66件(死者4人)、13年51件(同7人)、14年57件(同8人)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る