大阪では男性火だるま 毎年死者が出る「着衣着火」の恐怖

公開日:

 大阪府堺市の“火だるま騒動”には驚いた。

「熱い! 痛い! 助けて!」――19日夕方、火だるまになって電器店に駆け込んだ46歳とみられる男性は、重い全身やけどで入院中だ。

「男性の上着に火がついて燃え広がったという情報もありますが、ただライターで火をつけた程度では、あそこまで火だるまにはならない。男性にはガソリンなどがかかっていた可能性が高いとみられています」(捜査事情通)

 大阪府警は事件と事故の両面で調べを進めているというが、いずれにせよ他人事じゃない。自分が着ている服に火がついて大やけど。そんな「着衣着火」による死者は、毎年必ず出ている。

 東京消防庁によると、管内の着衣着火の件数は2012年に66件(死者4人)、13年51件(同7人)、14年57件(同8人)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る