• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バファリン購入で節税? セルフメディケーション税制の穴

〈無尽蔵に税金が戻ってくる方法がある〉――今、ネット上で密かに話題になっている。

 今年1月からスタートした「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)。薬局や薬店などで購入するスイッチOTC医薬品(医療用から転用された医薬品)の購入代金が年間1万2000円を超えると、その超過分が所得控除で戻ってくるというもの。気になる払戻額は、その人の所得額に応じて決まり、高額所得者ほど戻ってくるお金も多い。

 例えば課税所得「600万円」の人が利用すると、目安として1万2000円を超えた代金の所得税20%+住民税10%の計30%分が戻り、「1000万円」の人なら所得税33%+住民税10%の計43%分が戻ってくる。仕組み自体は医療費控除と同じだ。

 これが本当なら、国が合法的に認めた節税策になる。もし左肩負傷中の稀勢の里が対象の湿布薬「フェイタスZαジクサス」(久光製薬)を馬に食わせるほど買えば、数十万円の払い戻しだって可能というわけだ。対象医薬品は「バファリンプレミアム」(ライオン)などの鎮痛剤、水虫、風邪、虫刺され薬など1500品目以上ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る