バファリン購入で節税? セルフメディケーション税制の穴

公開日:

〈無尽蔵に税金が戻ってくる方法がある〉――今、ネット上で密かに話題になっている。

 今年1月からスタートした「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)。薬局や薬店などで購入するスイッチOTC医薬品(医療用から転用された医薬品)の購入代金が年間1万2000円を超えると、その超過分が所得控除で戻ってくるというもの。気になる払戻額は、その人の所得額に応じて決まり、高額所得者ほど戻ってくるお金も多い。

 例えば課税所得「600万円」の人が利用すると、目安として1万2000円を超えた代金の所得税20%+住民税10%の計30%分が戻り、「1000万円」の人なら所得税33%+住民税10%の計43%分が戻ってくる。仕組み自体は医療費控除と同じだ。

 これが本当なら、国が合法的に認めた節税策になる。もし左肩負傷中の稀勢の里が対象の湿布薬「フェイタスZαジクサス」(久光製薬)を馬に食わせるほど買えば、数十万円の払い戻しだって可能というわけだ。対象医薬品は「バファリンプレミアム」(ライオン)などの鎮痛剤、水虫、風邪、虫刺され薬など1500品目以上ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る