バファリン購入で節税? セルフメディケーション税制の穴

公開日: 更新日:

〈無尽蔵に税金が戻ってくる方法がある〉――今、ネット上で密かに話題になっている。

 今年1月からスタートした「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)。薬局や薬店などで購入するスイッチOTC医薬品(医療用から転用された医薬品)の購入代金が年間1万2000円を超えると、その超過分が所得控除で戻ってくるというもの。気になる払戻額は、その人の所得額に応じて決まり、高額所得者ほど戻ってくるお金も多い。

 例えば課税所得「600万円」の人が利用すると、目安として1万2000円を超えた代金の所得税20%+住民税10%の計30%分が戻り、「1000万円」の人なら所得税33%+住民税10%の計43%分が戻ってくる。仕組み自体は医療費控除と同じだ。

 これが本当なら、国が合法的に認めた節税策になる。もし左肩負傷中の稀勢の里が対象の湿布薬「フェイタスZαジクサス」(久光製薬)を馬に食わせるほど買えば、数十万円の払い戻しだって可能というわけだ。対象医薬品は「バファリンプレミアム」(ライオン)などの鎮痛剤、水虫、風邪、虫刺され薬など1500品目以上ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る