バファリン購入で節税? セルフメディケーション税制の穴

公開日:

〈無尽蔵に税金が戻ってくる方法がある〉――今、ネット上で密かに話題になっている。

 今年1月からスタートした「セルフメディケーション税制」(医療費控除の特例)。薬局や薬店などで購入するスイッチOTC医薬品(医療用から転用された医薬品)の購入代金が年間1万2000円を超えると、その超過分が所得控除で戻ってくるというもの。気になる払戻額は、その人の所得額に応じて決まり、高額所得者ほど戻ってくるお金も多い。

 例えば課税所得「600万円」の人が利用すると、目安として1万2000円を超えた代金の所得税20%+住民税10%の計30%分が戻り、「1000万円」の人なら所得税33%+住民税10%の計43%分が戻ってくる。仕組み自体は医療費控除と同じだ。

 これが本当なら、国が合法的に認めた節税策になる。もし左肩負傷中の稀勢の里が対象の湿布薬「フェイタスZαジクサス」(久光製薬)を馬に食わせるほど買えば、数十万円の払い戻しだって可能というわけだ。対象医薬品は「バファリンプレミアム」(ライオン)などの鎮痛剤、水虫、風邪、虫刺され薬など1500品目以上ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る