• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指名もOK リラクセーションスペースは男性にも優しかった

「肩凝った~。パソコンやり過ぎかな?」

 デスクにへばりついて仕事をした日、つい、こんな弱音を吐いてしまう40~50代サラリーマンは少なくない。首の凝りや目の疲れを訴えるケースもある。

 こうしたデスクワークの疲れの特効薬と言えば、本格マッサージだが、最近はより気軽なリラクセーションスペースに足を向ける男性が増加中。足裏やハンドマッサージなどがウリで、受付デスクに美形のお姉サマがいる業態だ。

「最近は全体の2割が男性のお客さま。ここ丸の内オアゾ店は、とくに男性比率が高く、5割が男性です。昼休みにサッと20~30分利用してリフレッシュされる方もいます。年齢は30、40代が一番多いですね」

 こう言うのは、「ラフィネ」をはじめ、全国に515店舗を展開する「㈱ボディワーク」の広報担当者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る