指名もOK リラクセーションスペースは男性にも優しかった

公開日: 更新日:

「肩凝った~。パソコンやり過ぎかな?」

 デスクにへばりついて仕事をした日、つい、こんな弱音を吐いてしまう40~50代サラリーマンは少なくない。首の凝りや目の疲れを訴えるケースもある。

 こうしたデスクワークの疲れの特効薬と言えば、本格マッサージだが、最近はより気軽なリラクセーションスペースに足を向ける男性が増加中。足裏やハンドマッサージなどがウリで、受付デスクに美形のお姉サマがいる業態だ。

「最近は全体の2割が男性のお客さま。ここ丸の内オアゾ店は、とくに男性比率が高く、5割が男性です。昼休みにサッと20~30分利用してリフレッシュされる方もいます。年齢は30、40代が一番多いですね」

 こう言うのは、「ラフィネ」をはじめ、全国に515店舗を展開する「㈱ボディワーク」の広報担当者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る