• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13種を手軽に摂取 「1日分のビタミン」苦戦から成長まで

 好調が続くハウスウェルネスフーズの「1日分のビタミン」シリーズが今年3月、「PERFECT VITAMIN(パーフェクトビタミン)」ブランドとして新たなスタートを切った。

 味わいのブラッシュアップとともに、「13種の全ビタミンでカラダの調子を整える」という商品特徴をより明快に訴求して、ファン層を拡大中だ。

 もともとは同社の看板ブランド「C1000」の一シリーズとして誕生。2008年のことである。

「ビタミンは5大栄養素のひとつ。全部で13種類あるのだが、なかなか意識して取るのは難しい。そこで1本に配合。手軽に摂取できる『1日分のビタミン』を開発した」(ビタミン事業開発部の山西智大さん)

 C1000ブランドでの投入は、本来の商品特徴からするとコンセプトが若干異なるが、そこは戦略だ。1990年から続くロングセラーブランドの一員として世に出すことで、手にしてもらえるチャンスが増え、早く成長できると考えた。狙い通り、当初から売り場の確保はスムーズに進む。一方で、絶大なブランド力には落とし穴もあった。主力商品「ビタミンレモン」のイメージがあまりに強過ぎて、「全13種類」という特徴がぼやけてしまい、たとえば1日分のビタミンCが入った飲料というように「こちらの意図とは異なった印象を与えてしまった」(山西さん)のだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る