13種を手軽に摂取 「1日分のビタミン」苦戦から成長まで

公開日:

 好調が続くハウスウェルネスフーズの「1日分のビタミン」シリーズが今年3月、「PERFECT VITAMIN(パーフェクトビタミン)」ブランドとして新たなスタートを切った。

 味わいのブラッシュアップとともに、「13種の全ビタミンでカラダの調子を整える」という商品特徴をより明快に訴求して、ファン層を拡大中だ。

 もともとは同社の看板ブランド「C1000」の一シリーズとして誕生。2008年のことである。

「ビタミンは5大栄養素のひとつ。全部で13種類あるのだが、なかなか意識して取るのは難しい。そこで1本に配合。手軽に摂取できる『1日分のビタミン』を開発した」(ビタミン事業開発部の山西智大さん)

 C1000ブランドでの投入は、本来の商品特徴からするとコンセプトが若干異なるが、そこは戦略だ。1990年から続くロングセラーブランドの一員として世に出すことで、手にしてもらえるチャンスが増え、早く成長できると考えた。狙い通り、当初から売り場の確保はスムーズに進む。一方で、絶大なブランド力には落とし穴もあった。主力商品「ビタミンレモン」のイメージがあまりに強過ぎて、「全13種類」という特徴がぼやけてしまい、たとえば1日分のビタミンCが入った飲料というように「こちらの意図とは異なった印象を与えてしまった」(山西さん)のだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る