13種を手軽に摂取 「1日分のビタミン」苦戦から成長まで

公開日:

 好調が続くハウスウェルネスフーズの「1日分のビタミン」シリーズが今年3月、「PERFECT VITAMIN(パーフェクトビタミン)」ブランドとして新たなスタートを切った。

 味わいのブラッシュアップとともに、「13種の全ビタミンでカラダの調子を整える」という商品特徴をより明快に訴求して、ファン層を拡大中だ。

 もともとは同社の看板ブランド「C1000」の一シリーズとして誕生。2008年のことである。

「ビタミンは5大栄養素のひとつ。全部で13種類あるのだが、なかなか意識して取るのは難しい。そこで1本に配合。手軽に摂取できる『1日分のビタミン』を開発した」(ビタミン事業開発部の山西智大さん)

 C1000ブランドでの投入は、本来の商品特徴からするとコンセプトが若干異なるが、そこは戦略だ。1990年から続くロングセラーブランドの一員として世に出すことで、手にしてもらえるチャンスが増え、早く成長できると考えた。狙い通り、当初から売り場の確保はスムーズに進む。一方で、絶大なブランド力には落とし穴もあった。主力商品「ビタミンレモン」のイメージがあまりに強過ぎて、「全13種類」という特徴がぼやけてしまい、たとえば1日分のビタミンCが入った飲料というように「こちらの意図とは異なった印象を与えてしまった」(山西さん)のだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る