13種を手軽に摂取 「1日分のビタミン」苦戦から成長まで

公開日: 更新日:

 好調が続くハウスウェルネスフーズの「1日分のビタミン」シリーズが今年3月、「PERFECT VITAMIN(パーフェクトビタミン)」ブランドとして新たなスタートを切った。

 味わいのブラッシュアップとともに、「13種の全ビタミンでカラダの調子を整える」という商品特徴をより明快に訴求して、ファン層を拡大中だ。

 もともとは同社の看板ブランド「C1000」の一シリーズとして誕生。2008年のことである。

「ビタミンは5大栄養素のひとつ。全部で13種類あるのだが、なかなか意識して取るのは難しい。そこで1本に配合。手軽に摂取できる『1日分のビタミン』を開発した」(ビタミン事業開発部の山西智大さん)

 C1000ブランドでの投入は、本来の商品特徴からするとコンセプトが若干異なるが、そこは戦略だ。1990年から続くロングセラーブランドの一員として世に出すことで、手にしてもらえるチャンスが増え、早く成長できると考えた。狙い通り、当初から売り場の確保はスムーズに進む。一方で、絶大なブランド力には落とし穴もあった。主力商品「ビタミンレモン」のイメージがあまりに強過ぎて、「全13種類」という特徴がぼやけてしまい、たとえば1日分のビタミンCが入った飲料というように「こちらの意図とは異なった印象を与えてしまった」(山西さん)のだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る