夏にピッタリの“冷やし”が大人気 永谷園の「お茶づけ」

公開日:

 1952年発売の「お茶づけ海苔」を中心に、「さけ茶づけ」や「梅干茶づけ」など、人気商品を多数揃える、永谷園の「お茶づけ」。ご飯にふりかけて、お湯を注げばすぐ食べられる手軽さが人気の理由だが、2002年からは、より簡単で、さっぱりと食べられる「冷やし茶づけ」を提案して夏場の需要を喚起。好調な販売を続けている。

 冷水をかけて食べる「冷やし茶づけ」の提案は、レギュラー商品のみならず、春夏限定の専用商品も投入して展開。今年は、程よい酸味が効いた「冷やし塩すだち茶づけ」を発売中だ。

「お茶づけは、どうしても夏場に売り上げが落ちる。本来は季節に関係なく食べてもらえる商品だけに、何とかしたいと考えたのが始まり。もともと『夏は冷たい水でもおいしい』との声があり、02年に『冷やし茶づけ』としての食べ方提案をスタートさせた」(マーケティング部の大山亮輔氏=写真左)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る