“消える魔球”で飛躍 エポック社「野球盤」は今も進化中

公開日: 更新日:

 大人も子どもも一緒になって楽しめるボードゲーム。そのパイオニアといえば、エポック社の「野球盤」だ。1958年に初代を発売以来、モデルチェンジを繰り返しながらロングセラーを続けており、累計販売台数は1400万台を超える。

 生みの親は、創業者・前田竹虎氏。出版社の社員時代にジグソーパズルの事業を成功させたことで商品開発の面白さを知り、次なる題材として選んだのが野球だった。

「それまでにも野球ゲームをうたう商品はあったが、ひとりで遊ぶパチンコゲームのようなもの。現実とはだいぶかけ離れていた。そもそも野球の面白さは、球を投げて、球を打ち、球を捕ることにある。だったらそれを再現しようと考えた」(マーケティング本部の平野大輔氏)

 実は、前田氏にはアイデアがあった。ジグソーパズルのピースが空いたところにビー玉が転がって入るのを見て、ポケットに落とす「捕球システム」を思いついたのだ。投球はバネを利用し、バットはゼンマイで回転させる仕組みを開発。リアルな動きを再現することに成功する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る