割り材だけじゃもったいない 炭酸水に一工夫で夏バテ防止

公開日: 更新日:

 ジュワ~ッ。暑さを忘れるような爽快感とノド越し――。炭酸水が売れている。いまや、スーパーやコンビニには500ミリリットルボトルが複数置いてあるほか、自動販売機にも並ぶようになった。中には“強炭酸”をウリにした商品もあり、チョイスの幅はグンと広がっている。

 7月から暑かった今年は、ビールをはじめとした飲料市場が好調で、炭酸水も同様だ。ウィルキンソンを扱うアサヒ飲料では、「7月から3割増産態勢」(広報担当者)を整えたという。「オジサン世代には焼酎の割り材のイメージが強い」な~んて声も少なくないものの、夏こそそのままグビッ、が正解なのだ。

 栄養士で料理研究家の由比理嘉氏がこう言う。

「炭酸ガスに含まれる二酸化炭素の影響で、カラダが酸素不足と判断するため血行を良くして酸素を隅々まで送ろうとする――。その結果、血行が良くなり、代謝が上がるといわれています。これで美肌効果や疲労回復効果が期待できるのです。そう、例年9月くらいになると、夏バテ夏バテと大騒ぎしますが、夏バテ予防・疲労回復の意味では炭酸水はサラリーマンにオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る