割り材だけじゃもったいない 炭酸水に一工夫で夏バテ防止

公開日:

 ジュワ~ッ。暑さを忘れるような爽快感とノド越し――。炭酸水が売れている。いまや、スーパーやコンビニには500ミリリットルボトルが複数置いてあるほか、自動販売機にも並ぶようになった。中には“強炭酸”をウリにした商品もあり、チョイスの幅はグンと広がっている。

 7月から暑かった今年は、ビールをはじめとした飲料市場が好調で、炭酸水も同様だ。ウィルキンソンを扱うアサヒ飲料では、「7月から3割増産態勢」(広報担当者)を整えたという。「オジサン世代には焼酎の割り材のイメージが強い」な~んて声も少なくないものの、夏こそそのままグビッ、が正解なのだ。

 栄養士で料理研究家の由比理嘉氏がこう言う。

「炭酸ガスに含まれる二酸化炭素の影響で、カラダが酸素不足と判断するため血行を良くして酸素を隅々まで送ろうとする――。その結果、血行が良くなり、代謝が上がるといわれています。これで美肌効果や疲労回復効果が期待できるのです。そう、例年9月くらいになると、夏バテ夏バテと大騒ぎしますが、夏バテ予防・疲労回復の意味では炭酸水はサラリーマンにオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る