割り材だけじゃもったいない 炭酸水に一工夫で夏バテ防止

公開日: 更新日:

 ジュワ~ッ。暑さを忘れるような爽快感とノド越し――。炭酸水が売れている。いまや、スーパーやコンビニには500ミリリットルボトルが複数置いてあるほか、自動販売機にも並ぶようになった。中には“強炭酸”をウリにした商品もあり、チョイスの幅はグンと広がっている。

 7月から暑かった今年は、ビールをはじめとした飲料市場が好調で、炭酸水も同様だ。ウィルキンソンを扱うアサヒ飲料では、「7月から3割増産態勢」(広報担当者)を整えたという。「オジサン世代には焼酎の割り材のイメージが強い」な~んて声も少なくないものの、夏こそそのままグビッ、が正解なのだ。

 栄養士で料理研究家の由比理嘉氏がこう言う。

「炭酸ガスに含まれる二酸化炭素の影響で、カラダが酸素不足と判断するため血行を良くして酸素を隅々まで送ろうとする――。その結果、血行が良くなり、代謝が上がるといわれています。これで美肌効果や疲労回復効果が期待できるのです。そう、例年9月くらいになると、夏バテ夏バテと大騒ぎしますが、夏バテ予防・疲労回復の意味では炭酸水はサラリーマンにオススメです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る