流行のスイカジュースは中高年にはありがたい栄養の宝庫

公開日: 更新日:

 街ゆくOLたちがストローでチュ~チュ~――。猛暑の中、真っ赤なドリンクが売れている。スイカ果汁たっぷりのスイカジュースだ。

 6月末にスターバックスが期間限定メニューとして、「シェイクン ウォーターメロン&パッションティー」(ショート=390円~)を投入。7月に入って、タリーズも「すいかスクイーズ100%」(トール=530円)で参戦。これらを4年前から「ソルティ スイカジュース」を販売中のプロントが受けて立つ格好。

 いずれも、スイカ果汁100%がウリ。甘くてひんやり爽やかなドリンクは、男性陣からは「二日酔いの朝にピッタリ」な~んて声も上がっている。オッサン世代は、ジュースより三角にカットしたスイカをガブッてのが、定番なんだけど。

 管理栄養士でパクチー料理研究家のエダジュン氏が言う。

「栄養学的には、スイカは若い世代よりオジサン世代にいいと思います。たとえば、果肉の赤い部分。ココに含まれる代表的な栄養素はカリウムです。利尿作用があるため、ナトリウムを体外に排出したり、二日酔いにもいいでしょう。抗酸化作用を持つリコペンやβ―カロテンもたくさん含んでおり、夏バテのかぜ予防にも役立ちます。何より、食べやすくて低カロリーの点がグ~です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る