敵は観光客? 対馬のニホンカワウソは安全に生きられるか

公開日:

「大丈夫か?」と気をもんでいる人もいるだろう――。

 長崎県対馬に絶滅したはずのニホンカワウソがいるのではないかと大騒ぎになっている。心配なのが人間の動向だ。

 岡山の動物公園を脱走したゾウガメは懸賞金が発表された途端に発見された。夏休みの時期。対馬にカワウソ目当ての野次馬が殺到したり、ペットにしようという不心得者が現れないとも限らない。

「カワウソ君、ピンチ!」と思ったら、実はそうでもないらしい。長崎県に聞いた。

「まだ在来種のニホンカワウソか外来種なのかも分かりませんが、カワウソは鳥獣保護法や種の保存法などで捕獲が禁じられています。撮影した琉球大も場所を明かしていないので、一般の人には居所が分からないはずです。立ち入り禁止などにすると逆に情報が漏れる恐れがあります」(自然環境課の小関圭一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る