敵は観光客? 対馬のニホンカワウソは安全に生きられるか

公開日: 更新日:

「大丈夫か?」と気をもんでいる人もいるだろう――。

 長崎県対馬に絶滅したはずのニホンカワウソがいるのではないかと大騒ぎになっている。心配なのが人間の動向だ。

 岡山の動物公園を脱走したゾウガメは懸賞金が発表された途端に発見された。夏休みの時期。対馬にカワウソ目当ての野次馬が殺到したり、ペットにしようという不心得者が現れないとも限らない。

「カワウソ君、ピンチ!」と思ったら、実はそうでもないらしい。長崎県に聞いた。

「まだ在来種のニホンカワウソか外来種なのかも分かりませんが、カワウソは鳥獣保護法や種の保存法などで捕獲が禁じられています。撮影した琉球大も場所を明かしていないので、一般の人には居所が分からないはずです。立ち入り禁止などにすると逆に情報が漏れる恐れがあります」(自然環境課の小関圭一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る