ウンチと製紙会社がコラボ 旭山動物園記念グッズのレア度

公開日:

“クサイものに蓋”をしまくる政治家とは違って、こちらはクサイものを賢く活用するようだ。

 旭山動物園(北海道)が今日迎える「開園50周年」を記念して、ノートやメモ帳、名刺を販売する。キリンとカバをあしらった可愛らしいデザインだが、ただの代物ではない。ナント、紙にキリンとカバの“ウンチ”を配合した特別品なのだ。

 製造を請け負ったのは日本製紙旭川事業所。プロの製紙屋とウンチのコラボとはかなり異色だ。「開園50周年の支援として何かできないか、ということで本事業所から提案しました。草食動物の糞を水洗いして消毒すると、干草のようなものが残ります。それを製紙過程で全体の3~5%配合した紙を用いてノートやメモ帳を作りました」(日本製紙旭川事業所長)

 衛生面を考慮しなければならないため、大量生産が難しく数量限定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る