• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

無鹿(丹波・柏原)クセもにおいもない丹波鹿料理

 JR柏原駅の近くに珍しい鹿肉料理店がある。鹿は昨今、獣害による報道が多い。先日も奈良市が農作物を荒らす鹿を捕獲すると発表したばかりだ。一方、グルメの世界では鹿肉は低カロリー、高タンパクな素材として評されている。ただジビエ料理では、猪ほど需要がないためにフレンチぐらいしか売り先がないと頭を悩ましている食材でもある。

 築100年の町屋を改装した「無鹿」は、丹波鹿を使って調理する専門店。野生の丹波鹿を捕獲してこの店へ運ぶ。野生の鹿の中でも丹波鹿は、草の芽やどんぐりを食べているので、さばいた肉に臭みがなく、柔らかい特徴を有している。この上質な素材のおいしさをいかにしたら伝えることができるか? それをテーマに、地元で宿泊施設などを営む鴻谷佳彦さんが「無鹿」をオープンさせたのが2010年のこと。以来、この店の評判が京阪神まで聞こえ、休日には車を走らせて訪れる人が多くいるほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る