20代女子と50代男性で賑わう「ボジョパ」ってなんだ?

公開日: 更新日:

 ボージョレ・ヌーボーの季節が近づいてきた。解禁日は11月の第3木曜日で、今年は16日。毎年、この時期になると、成田空港、関西空港には、空路でワインボトルが山積みでやってくる。東京税関によると、15年11月のワイン輸入量は成田が323万リットル、関空が120万リットルだった。

 一時期ほど大騒ぎされなくなった気はするが、ちまたでは「ボジョパ」が盛り上がっているという。

 ボジョパとは、ボージョレ・ヌーボーとパーティーからの造語で、輸入元のサントリーワインインターナショナルが提唱しているもの。売り上げ増を狙った取り組みのひとつで、いずれはハロウィーンやクリスマスのようなイベントにしたいと志は高い。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンや英国風パブ「HUB西武新宿駅前店」などが解禁日にボジョパを開催する。


「ボジョパ参加の中心層は20代女性。実は、ボージョレ・ヌーボーの消費が落ち込む中、なぜか20代女性の外飲みが活発化しているのです」(飲食店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る