20代女子と50代男性で賑わう「ボジョパ」ってなんだ?

公開日:

 ボージョレ・ヌーボーの季節が近づいてきた。解禁日は11月の第3木曜日で、今年は16日。毎年、この時期になると、成田空港、関西空港には、空路でワインボトルが山積みでやってくる。東京税関によると、15年11月のワイン輸入量は成田が323万リットル、関空が120万リットルだった。

 一時期ほど大騒ぎされなくなった気はするが、ちまたでは「ボジョパ」が盛り上がっているという。

 ボジョパとは、ボージョレ・ヌーボーとパーティーからの造語で、輸入元のサントリーワインインターナショナルが提唱しているもの。売り上げ増を狙った取り組みのひとつで、いずれはハロウィーンやクリスマスのようなイベントにしたいと志は高い。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンや英国風パブ「HUB西武新宿駅前店」などが解禁日にボジョパを開催する。


「ボジョパ参加の中心層は20代女性。実は、ボージョレ・ヌーボーの消費が落ち込む中、なぜか20代女性の外飲みが活発化しているのです」(飲食店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る