3億円超で商談決裂 上杉謙信の「愛刀」海外流出の可能性

公開日:

上杉謙信の愛刀に囁かれる海外流出の可能性

 3億円あまりを用意しながら、商談が決裂――。刀剣の売買でこんな事態が持ち上がり、話題になっている。

 この刀は刃長79センチ、重量1.06キロの国宝「太刀無銘一文字(山鳥毛)」。刀剣というと「正宗」とか「備前長船」のような銘が彫られているものだが、この刀は銘がない。

 それでも価値が高いのは戦国時代の武将・上杉謙信の愛刀だからだ。謙信に関する記録にその存在が記され、代々、上杉家が受け継いできた由緒正しい刀だ。鎌倉時代、備前(岡山県東南部)にいた刀工「一文字派」が作ったとされる。刀の所有者は公表されていないが、現在は岡山県立博物館が保管している。

 2015年6月に謙信にゆかりの深い上越市に譲渡する話が持ち上がった。16年6月に上越市が刀剣売買の専門家と学識者ら3人に鑑定を依頼したところ、3億2000万円の評価が下された。上越市はこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る