• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3億円超で商談決裂 上杉謙信の「愛刀」海外流出の可能性

上杉謙信の愛刀に囁かれる海外流出の可能性

 3億円あまりを用意しながら、商談が決裂――。刀剣の売買でこんな事態が持ち上がり、話題になっている。

 この刀は刃長79センチ、重量1.06キロの国宝「太刀無銘一文字(山鳥毛)」。刀剣というと「正宗」とか「備前長船」のような銘が彫られているものだが、この刀は銘がない。

 それでも価値が高いのは戦国時代の武将・上杉謙信の愛刀だからだ。謙信に関する記録にその存在が記され、代々、上杉家が受け継いできた由緒正しい刀だ。鎌倉時代、備前(岡山県東南部)にいた刀工「一文字派」が作ったとされる。刀の所有者は公表されていないが、現在は岡山県立博物館が保管している。

 2015年6月に謙信にゆかりの深い上越市に譲渡する話が持ち上がった。16年6月に上越市が刀剣売買の専門家と学識者ら3人に鑑定を依頼したところ、3億2000万円の評価が下された。上越市はこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る