• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3億円超で商談決裂 上杉謙信の「愛刀」海外流出の可能性

上杉謙信の愛刀に囁かれる海外流出の可能性

 3億円あまりを用意しながら、商談が決裂――。刀剣の売買でこんな事態が持ち上がり、話題になっている。

 この刀は刃長79センチ、重量1.06キロの国宝「太刀無銘一文字(山鳥毛)」。刀剣というと「正宗」とか「備前長船」のような銘が彫られているものだが、この刀は銘がない。

 それでも価値が高いのは戦国時代の武将・上杉謙信の愛刀だからだ。謙信に関する記録にその存在が記され、代々、上杉家が受け継いできた由緒正しい刀だ。鎌倉時代、備前(岡山県東南部)にいた刀工「一文字派」が作ったとされる。刀の所有者は公表されていないが、現在は岡山県立博物館が保管している。

 2015年6月に謙信にゆかりの深い上越市に譲渡する話が持ち上がった。16年6月に上越市が刀剣売買の専門家と学識者ら3人に鑑定を依頼したところ、3億2000万円の評価が下された。上越市はこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る