韓国は予兆か 2020年までにM9超スーパー南海地震の可能性

公開日: 更新日:

 杞憂に終わればいいが――。韓国で15日発生したM5.4の地震。約1800人の被災者が避難生活を余儀なくされている。韓国の観測史上2番目に強かった地震は、決して対岸の火事ではない。大規模かつ広範な「スーパー南海地震」の予兆とみられているからだ。しかも、東京五輪が開催される2020年までに発生する可能性がいよいよ高まっているという。

 現在、ユーラシアプレートがフィリピン海プレートを押し続けている。韓国の地震も、フィリピン海プレートの圧力で釜山―慶州―浦項にある6本の活断層と1本の共役断層が動いた。このような地殻のストレス発散現象が、アジア各地で散見されている。

 日本では、昨年10月、圧力に耐え切れなくなり、36年ぶりに阿蘇山の爆発的噴火が起きた。また、桜島や霧島新燃岳の噴火や和歌山南部の地震も発生している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る