非喫煙者に有休 「スモ休」は社内の不公平感解消のヒント

公開日:

 たばこを吸わない社員が、1年最大6日の有給休暇を取れる制度を「スモ休」という。東京・渋谷区のマーケティング会社「ピアラ」が今年9月から導入した。なぜこんな制度を始めたのか。同社の広報担当者が言う。

「以前から非喫煙者から『たばこ休憩は不公平』という声がありました。ビル29階のオフィスに喫煙所はなく、地下1階の喫煙所に行って帰ってくるまで10分以上の労働時間をロスしていることになります。そこで、たばこ休憩と同程度のメリットを非喫煙者に与えようということになったのです」

 過去1年間にたばこを吸っていないことが条件だ。これまで31人に有給休暇を付与。さらに4人は「これで有休が増えるなら」と禁煙を宣言。1年後のスモ休取得を目指しているという。

「有休の消化率を上げる狙いもありましたが、禁煙する社員まで現れるとは意外。マスコミにも取り上げられ会社の知名度もアップしました」(担当者)というから一石二鳥どころか四鳥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る