非喫煙者に有休 「スモ休」は社内の不公平感解消のヒント

公開日: 更新日:

 たばこを吸わない社員が、1年最大6日の有給休暇を取れる制度を「スモ休」という。東京・渋谷区のマーケティング会社「ピアラ」が今年9月から導入した。なぜこんな制度を始めたのか。同社の広報担当者が言う。

「以前から非喫煙者から『たばこ休憩は不公平』という声がありました。ビル29階のオフィスに喫煙所はなく、地下1階の喫煙所に行って帰ってくるまで10分以上の労働時間をロスしていることになります。そこで、たばこ休憩と同程度のメリットを非喫煙者に与えようということになったのです」

 過去1年間にたばこを吸っていないことが条件だ。これまで31人に有給休暇を付与。さらに4人は「これで有休が増えるなら」と禁煙を宣言。1年後のスモ休取得を目指しているという。

「有休の消化率を上げる狙いもありましたが、禁煙する社員まで現れるとは意外。マスコミにも取り上げられ会社の知名度もアップしました」(担当者)というから一石二鳥どころか四鳥だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る