• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

前代未聞の 1975年に行われた「土俵上」でのタイトル戦

 江戸時代には将棋の家元の棋士たちが江戸城に参上し、将軍の御前で対局を披露する「御城将棋」が恒例行事だった。8代将軍徳川吉宗の時世には、その式日が11月17日と定められた。

 日本将棋連盟はそんな故事にちなんで、42年前に11月17日を「将棋の日」と決めた。

 1975(昭和50)年11月17日、第1回の将棋の日イベントが東京・台東区の「蔵前国技館」で開催された。

 写真(撮影・田丸)の当時は、大相撲の本場所が行われていた。

 平日にもかかわらず午前中から会場の周りに長蛇の列ができ、開会時刻の午後3時には8000人もの将棋ファンらが集まった。中央の土俵を観衆が取り囲んだ光景はじつに壮観だ。

 第1部は記念式典。木村義雄十四世名人(当時70)の挨拶、名人経験者・九段の棋士の紹介などが土俵上で行われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る