田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

米長邦雄九段 49歳11カ月で悲願の名人獲得の裏エピソード

公開日:

 1993(平成5)年3月、米長邦雄九段(当時49)は名人戦で7回目の挑戦者になった。米長は「菜の花は薹が立ってから花が咲く」と当時の心境を語った。花の茎である薹は伸びると硬くなって旬を過ぎるが、それから咲き誇る菜の花に「もう一花咲かせたい」という自身を見立てたのだ。

 米長は名人戦に先立ち、青年時代から敬愛していたタレントで将棋愛好家の大橋巨泉(昨年、82歳で死去)に、名人戦への心構えについて相談した。

 巨泉は「ヨネちゃんは今まで、中原のことは何でも知っているとか、横歩も取れない男に負けてはご先祖さまに申し訳ないなど、リップサービスのつもりでつい余計なことを言った。今回の名人戦では何も言うな」と、率直にアドバイスしたという。

 中原誠名人(当時45)に米長九段が挑戦した名人戦は同年4月に始まった。両者は名人戦で過去に5回対戦し、いずれも中原が勝って防衛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る