田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

米長邦雄九段 49歳11カ月で悲願の名人獲得の裏エピソード

公開日: 更新日:

 1993(平成5)年3月、米長邦雄九段(当時49)は名人戦で7回目の挑戦者になった。米長は「菜の花は薹が立ってから花が咲く」と当時の心境を語った。花の茎である薹は伸びると硬くなって旬を過ぎるが、それから咲き誇る菜の花に「もう一花咲かせたい」という自身を見立てたのだ。

 米長は名人戦に先立ち、青年時代から敬愛していたタレントで将棋愛好家の大橋巨泉(昨年、82歳で死去)に、名人戦への心構えについて相談した。

 巨泉は「ヨネちゃんは今まで、中原のことは何でも知っているとか、横歩も取れない男に負けてはご先祖さまに申し訳ないなど、リップサービスのつもりでつい余計なことを言った。今回の名人戦では何も言うな」と、率直にアドバイスしたという。

 中原誠名人(当時45)に米長九段が挑戦した名人戦は同年4月に始まった。両者は名人戦で過去に5回対戦し、いずれも中原が勝って防衛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る